Differences between revisions 1 and 2
Revision 1 as of 2013-01-16 21:03:30
Size: 3938
Comment: translate en. rev.47 (http://wiki.debian.org/TextEditor?action=recall&rev=47)
Revision 2 as of 2013-01-22 22:34:41
Size: 3945
Comment: change a link vim to ja/vim
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 8: Line 8:
 * vim - 詳しくは、[[vim]] を見てください。  * vim - 詳しくは、[[ja/vim|vim]] を見てください。

Translation(s): English - Français - Español - German - العربية - Italiano - 日本語 (Nihongo) - Русский - 简体中文


コンソール

X11 なしのコマンドライン環境で使用できるテキストエディタ

  • vim - 詳しくは、vim を見てください。

  • Emacs - テキストエディタの姿をした、変化し、拡張する Lisp システムだと考える人がいれば、ウィンドウ管理も含む数多くのタスクが可能な、強力なテキストエディタだと考える人もいます。やや高い学習曲線を上れば、多くのユーザが、そのショートカットと、編集スタイルを、それなしではやっていけないと思うほど早いものだと思うようになります。さらに、様々なプログラミング言語や、LaTeX や、~/.muttrc や ~/.procmailrc のような設定ファイル用の、自動インデントや、シンタックスハイライトのオプションがあります。もし、Lisp を知っていれば、自由に拡張することができます。Emacs は、グラフィカルエディタ (emacs) としても、コンソールエディタ (emacs-nox) としても使用することができます。

  • nano - 簡単に学べて使えるテキストファイルエディタです。

  • mc - Midnight commander には、内部にテキストエディタがあります。これは、mc -e または mcedit コマンドで起動することができます。シンタックスハイライトや、正規表現検索などの機能があります。

グラフィカル

以下のテキストエディタは、グラフィカル環境で使うことができます。

  • gedit - Gnome デスクトップ環境のデフォルトのエディタです。デフォルトではシンプルですが、gedit-plugins パッケージで提供されている様々なプラグインを使用することで、完全な統合開発環境として設定することもできます。

  • geany - 統合開発環境の基本的な機能を持ったテキストエディタです。他のパッケージにあまり依存していません。

  • pyroom - 書くことに集中できる、フルスクリーンのテキストエディタです。カラースキームとキーバインドを設定できます。

  • scite - GTK+ ベースのプログラマのためのエディタです。Scintilla 編集コンポーネントを使っています。

  • kwrite - KDE のデフォルトのエディタです。シンタックスハイライトや、PDF、HTML、PostScriptへのエクスポートなどの機能があります。

  • kate - KDE Advanced Text Editor のアクロニムです。完全な機能を持った統合開発環境にすることができます。XML を使用した拡張シンタックスハイライトや、セッション管理などの機能があります。

  • mousepad - Xfce デスクトップ環境のデフォルトのエディタです。シンプルで早く、使いやすいように作られています。

  • leafpad - ミニマルな GTK+ ベースのテキストエディタです。基本的なテキスト編集機能を持っています。

  • Gvim - vim の GUI バージョンです。vim-gnome, vim-gtk, vim-lesstif のパッケージで提供されています。

  • Emacs - X11 へのインターフェイスを持った、デフォルトの Emacs パッケージです。


CategorySoftware