Translation(s): English - Italiano - Japanese


Ruby in Debian


/!\ Edit conflict - other version:


このページでは Debian における Ruby のインストールと使い方について記述しています。Debian の Ruby パッケージに関する情報については Teams/Ruby をご覧下さい。


/!\ Edit conflict - your version:


このページでは Debian における Ruby のインストールと使い方について記述しています。Debian の Ruby パッケージに関する情報については Teams/Ruby をご覧下さい。


/!\ End of edit conflict


このページは短縮 URL: http://deb.li/ruby でもご利用頂けます(現在英語版へのリンクになっています)。


/!\ Edit conflict - other version:


Debian 8 (Jessie) で利用可能なインタープリタ

インタープリタ

パッケージ

注意書き

MRI 2.1.5

ruby2.1

JRuby

jruby

残念ながら Rubinius は jessie には含まれていません.

MRI の alternatives による切り替え,すなわち update-alternatives サポートは削除されました. alternatives の削除に関する長い説明については https://lists.debian.org/debian-ruby/2014/03/msg00077.html および https://lists.debian.org/debian-project/2014/02/msg00028.html を参照下さい.

Debian 7 (wheezy) で利用可能なインタープリタ

Debian Wheezy では以下の Ruby インタープリタが利用できます:


/!\ Edit conflict - your version:


Debian 8 (Jessie) で利用可能なインタープリタ

インタープリタ

パッケージ

注意書き

MRI 2.1.5

ruby2.1

JRuby

jruby

残念ながら Rubinius は jessie には含まれていません.

MRI の alternatives による切り替え,すなわち update-alternatives サポートは削除されました. alternatives の削除に関する長い説明については https://lists.debian.org/debian-ruby/2014/03/msg00077.html および https://lists.debian.org/debian-project/2014/02/msg00028.html を参照下さい.

Debian 7 (wheezy) で利用可能なインタープリタ

Debian Wheezy では以下の Ruby インタープリタが利用できます:


/!\ End of edit conflict


インタープリタ

パッケージ

注意書き

MRI 1.8.7

ruby1.8

MRI 1.9.3

ruby1.9.3

JRuby

jruby

Rubinius

rubinius

Work in progress, not actually available yet

update-alternatives を使う事で、デフォルトの "ruby" として異なる Ruby インタープリタを切り換えることが可能です。 しかしながら、"ruby" を切り換える際には恐らく "gem" や "irb" などのデフォルトも切り替えたいでしょう。 そのため、これらを一度に変更するためのショートカットが存在します。


/!\ Edit conflict - other version:


(wheezy のみ) システム全体でデフォルトの Ruby インタープリタを選択するには


/!\ Edit conflict - your version:


(wheezy のみ) システム全体でデフォルトの Ruby インタープリタを選択するには


/!\ End of edit conflict


システム全体でデフォルトの Ruby インタープリタを選択するために、ruby-switch パッケージが使用可能です。 これは root として(もしくは sudo を使って)実行する必要があります。

# ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [x86_64-linux]
# ruby-switch --list
ruby1.8
ruby1.9.1
# ruby-switch --set ruby1.9.1
update-alternatives: using /usr/bin/gem1.9.1 to provide /usr/bin/gem (gem) in manual mode.
update-alternatives: using /usr/bin/ruby1.9.1 to provide /usr/bin/ruby (ruby) in manual mode.
# ruby -v
ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-linux]
# ruby-switch --auto
update-alternatives: using /usr/bin/ruby1.8 to provide /usr/bin/ruby (ruby) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/gem1.8 to provide /usr/bin/gem (gem) in auto mode.
# ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [x86_64-linux]

ユーザ毎にデフォルトの Ruby インタープリタを選択するには

ユーザアカウント毎にデフォルトの Ruby インタープリタを切り替えるには、rbenv パッケージを使用するべきです。

$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [x86_64-linux]

---- /!\ '''Edit conflict - other version:''' ----
$ rbenv init

---- /!\ '''Edit conflict - your version:''' ----
$ rbenv init

---- /!\ '''End of edit conflict''' ----
# Load rbenv automatically by adding
# the following to ~/.bash_profile:

eval "$(rbenv init -)"
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile # or ~/.bashrc, depends on your setup
$ rbenv versions

---- /!\ '''Edit conflict - other version:''' ----
$ rbenv alternatives

---- /!\ '''Edit conflict - your version:''' ----
$ rbenv alternatives

---- /!\ '''End of edit conflict''' ----
$ rbenv versions
  1.8.7-debian
  1.9.3-debian

---- /!\ '''Edit conflict - other version:''' ----
$ rbenv global 1.9.3-debian

---- /!\ '''Edit conflict - your version:''' ----
$ rbenv global 1.9.3-debian

---- /!\ '''End of edit conflict''' ----
$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [x86_64-linux]

一見ちゃんと動作していないように見えますが、これは現在実行中のシェルが "ruby" の位置として /usr/bin/ruby をキャッシュしているからです。新しいシェルを開始した後には、デフォルトの Ruby を行ったり来たり切り替えることができます。

$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [x86_64-linux]

---- /!\ '''Edit conflict - other version:''' ----
$ rbenv global 1.9.3-debian
$ ruby -v
ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-linux]
$ rbenv global 1.8.7-debian

---- /!\ '''Edit conflict - your version:''' ----
$ rbenv global 1.9.3-debian
$ ruby -v
ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-linux]
$ rbenv global 1.8.7-debian

---- /!\ '''End of edit conflict''' ----
$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [x86_64-linux]

Debian パッケージになっていない Ruby をインストールするには

ruby-build を使用することで、Debian でまだ使用可能になっていない Ruby インタープリタをインストールすることができます。しかしながら、このパッケージの README.Debian ファイルに書かれている内容に注意して下さい:

(日本語訳)

Ruby 関連のその他の wiki ページ

  1. BalasankarC/DebianRuby
  2. BalasankarC/DebianRuby/Packaging
  3. BalasankarC/DebianRuby/Packaging/Conventions
  4. BalasankarC/DebianRuby/Packaging/TestFailures
  5. BalasankarC/DebianRuby/Packaging/Tests
  6. Packaging/ruby-team-meta-build
  7. ReproducibleBuilds/TimestampsInRubyDocumentation
  8. Ruby
  9. Ruby/Packaging/Tests
  10. Ruby/Packaging/newUpstreamRailsApp
  11. SummerOfCode2020/ApprovedProjects/UpstreamDownstreamCooperationInRuby
  12. SummerOfCode2020/UnApprovedProjects/UpstreamDownstreamCooperationInRuby
  13. Teams/DebianRubyExtras
  14. Teams/Ruby
  15. Teams/Ruby/CrossBuilding
  16. Teams/Ruby/Drafts/StateOfTransitionNewPolicy
  17. Teams/Ruby/Drafts/StateOfTransitionNewPolicyReleaseTeam
  18. Teams/Ruby/Drafts/SwitchToOneNine
  19. Teams/Ruby/IRCMeetings
  20. Teams/Ruby/InterpreterTransitions
  21. Teams/Ruby/Jessie
  22. Teams/Ruby/Meeting/Brazil2016
  23. Teams/Ruby/Meeting/Paris2014
  24. Teams/Ruby/Meeting/Paris2015
  25. Teams/Ruby/Meeting/Paris2015/Report
  26. Teams/Ruby/Meeting/Paris2020
  27. Teams/Ruby/Packaging
  28. Teams/Ruby/Packaging/Conventions
  29. Teams/Ruby/Packaging/Obsolete
  30. Teams/Ruby/Packaging/RailsEngines
  31. Teams/Ruby/Packaging/Tests
  32. Teams/Ruby/Packaging/gem2deb
  33. Teams/Ruby/Packaging/newUpstreamRailsApp
  34. Teams/Ruby/Packaging/origsource
  35. Teams/Ruby/RSpec3
  36. Teams/Ruby/Rails3
  37. Teams/Ruby/Rails3 (foo.tar.gz)
  38. Teams/Ruby/Rails3 (testapp.tar.gz)
  39. Teams/Ruby/Rails4.2
  40. Teams/Ruby/Rails6
  41. Teams/Ruby/Rails6/DependenciesTransition
  42. Teams/Ruby/Rails6/RailsBreakingChanges
  43. Teams/Ruby/Rails6/ReverseDependenciesTransition
  44. Teams/Ruby/Ruby2.2
  45. Teams/Ruby/RubyExtras
  46. Teams/Ruby/RubyExtras/OnRubygems
  47. Teams/Ruby/RubyExtras/Ruby19Porting
  48. Teams/Ruby/RubyExtras/RubyPackageTools
  49. Teams/Ruby/RubyExtras/UpstreamDevelopers
  50. Teams/Ruby/RubyInWheezy
  51. Teams/Ruby/Salsa
  52. Teams/Ruby/UpstreamPledge
  53. Teams/Ruby/Workflow
  54. Teams/Ruby/ruby2.5
  55. it/Ruby
  56. ja/Ruby