日本語環境で改善しなければならないであろう点をまとめ

  1. 完了したことは?移動しました。

  2. man の表示がおかしい→ groff の cjk パッチがはずされたことによる

    • →詳細はBug#552201を参照。作業者募集中。(11/7)

  3. unzip で日本語 Windows 環境で作られた日本語文字ファイル名が sjis のため文字化けする。なお、同様のバグが他国語(中国、ロシア)複数報告されていたのでマージしておいた。(henrich)
    • debian-hiragana-mojibake.png unwanted result (mojibake)

    • debian-hiragana.png expected result (correct filename)

    • メンテナは Debian での解決には乗り気ではない。
    • 一応、意図を汲み取れてないのかも、ということで Ubuntu 側では対処してるようだし、マージできないの?とは聞いたが、lenny frozen で無理そうではあるが、Ubuntu 側の見解なども引き出した。なんとか対処まで持っていきたい。ただし、リリースに間に合うかは微妙。 (henrich)

      see #483290

    • →結局、反応が得られていない。post lenny 対応?(henrich)
  4. →なんと、upstream のバージョンアップでクローズの対応をされた。が、もちろん直ってはいない。
    • upstream での対応が必須の模様。誰が突撃する???(大変そうだ…)

1. DDTP の訳について、質の改善問題がある。皆で一斉にやる?

  1. aptitdue/dpkg/apt の翻訳作業者募集中。
  2. Java のデフォルトフォントの確認
    • 議論については see http://lists.debian.or.jp/debian-devel/200804/msg00025.html

    • 現状、latin-1 ->kochi -> sazanami という順番でフォントをサーチしにいく。ということは… latin-1 に無いフォントがあれば東風を見る、東風に無ければさざなみに…まず、この順番がおかしい。sazanami -> kochi -> latin-1 という順番にすべき。

      • 理由は、
      • kochi の改良版が sazanami だから、sazanami が先になる
      • latin-1 に無い文字は日本語表示をすると沢山出てくる。ということは、latin-1 で指定されたフォントと kochi/sazanami が混在することになり、文字表示のバランスがおかしなことになり、美しくない。 そして、Debian では vlgothic を追加すべき。 理由は「日本語環境の Desktop のフォントとして vlgothic は必ずインストールされるが、さざなみ/東風はそうではない。」
    • もう一つ問題があって、デフォルトでアンチエイリアスが効かないと、表示される文字が汚くて仕方がない。ガタガタ。なんとかデフォルトでアンチエイリアスが効くような方向に仕向けられないか。
    • そのまま
      • java-normal.png

    • アンチエイリアス
      • java-antialiased.png

  3. レガシーである kochi-gothic/mincho から移行し、Debian におけるアプリケーションでの日本語フォントの「デフォルト」指定を容易にする (see ?Fonts/Japanese and Fonts/JapanesefontpkgProposal)

    • →フォント側の対応は一応終わっているので、アプリケーション側の確認が必要では?(henrich)
    • → meta package としての ttf-japanese-gothic/mincho パッケージを作るべきという意見を頂いている。そうすべきか?
  4. iceweasel の表示も一部英語で表記が出る場合がある
  5. フリーの日本語フォントを充実させる (henrich)
    • umeplus-cl, yozfont, sawarabi-mincho, aoyagi-soseki, aoyagi-kouzan-t を投入予定。
  6. evince などでの ryumin/GothicBBB 表示問題


Debian.org Web ページ翻訳作業の進捗状況


manpages-ja の整理