Differences between revisions 2 and 3
Revision 2 as of 2021-08-15 02:59:05
Size: 4583
Editor: JunNogata
Comment: リンクの修正
Revision 3 as of 2021-08-15 03:39:44
Size: 5985
Editor: JunNogata
Comment: 日本語と韓国語、KDEについて追加
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 21: Line 21:
[[DebianPkg:fcitx5]]と[[DebianPkg:fcitx5-chinese-addons]]をインストールします。その後、ログアウトをして再度、デスクトップ環境にログインしてください。入力メソッドは、fcitxにすぐに追加されないので手動で設定の必要があります。端末かシステムトレイからfcitx5-configtoolを実行して設定してください。 [[DebianPkg:fcitx5]]と[[DebianPkg:fcitx5-chinese-addons]]をインストールします。その後、ログアウトをして再度、デスクトップ環境にログインしてください。入力メソッドは、fcitxにすぐに追加されないので手動で設定の必要があります。端末かシステムトレイからfcitx5-configtoolを実行して入力メソッドの設定してください。
Line 39: Line 39:
=== 日本語ユーザー向け ===

[[DebianPkg:fcitx5]]と[[DebianPkg:fcitx5-mozc]]をインストールしてください。このパッケージのほかに、Gnomeユーザーは[[DebianPkg:gnome-shell-extension-kimpanel]]、KDEユーザーは[[DebianPkg:kde-config-fcitx5]]もインストールしてください。
デフォルトでインストールされる[[DebianPkg:uim]]と[[DebianPkg:uim-mozc]]はトラブルを避けるためアンインストールします。

その後、一度、ログアウトしてログインし直すとfcitxが利用できるので、端末かシステムトレイからfcitx5-configtoolを実行してfcitx5とmozcの設定してください。

{{{
apt install --install-recommends fcitx5 fcitx5-mozc
apt remove uim uim-mozc
}}}

=== 韓国語ユーザー向け ===

[[DebianPkg:fcitx5]]と[[DebianPkg:fcitx5-hangul]]をインストールします。その後、一度、ログアウトしてログインし直すとfcitxが利用できるので、端末かシステムトレイからfcitx5-configtoolを実行して入力メソッドの設定してください。

{{{
apt install --install-recommends fcitx5 fcitx5-hangul
}}}
Line 43: Line 63:
|| [[DebianPkg:fcitx5-skk]] || 日本語 ||
|| [[DebianPkg:fcitx5-mozc]] || 日本語 ||
|| [[DebianPkg:fcitx5-hangul]] || 韓国語 ||
Line 57: Line 74:
=== KDE ===

KDEユーザーは、[[DebianPkg:kde-config-fcitx5]]もインストールしてください。そして、既知の問題も確認してください。
Line 73: Line 93:
 これを解決するにはソフトウェアの実行前に`export QT_IM_MODULE=fcitx`を実行して事前に変更しておきます。  これを解決するにはソフトウェアの実行前に`export QT_IM_MODULE=fcitx`を実行して事前に変更しておきます。(訳注: 一時的に変更する場合はターミナルから`QT_IM_MODULE=fcitx <実行するアプリ>`で実行しても切り替えられます。)

Translation(s): English 简体中文


Fcitx5

Fcitx 5は、汎用的な入力メソッドフレームワークです。

パッケージ状況

全パッケージ: Fcitx5パッケージファミリー

Bullseye以降のみパッケージ化されています。Buster以前で使う場合は、fcitx(別名 fcitx4)をお使いください。

BullseyeでのFcitx5のインストール

中国語(簡体字)ユーザー向け

fcitx5fcitx5-chinese-addonsをインストールします。その後、ログアウトをして再度、デスクトップ環境にログインしてください。入力メソッドは、fcitxにすぐに追加されないので手動で設定の必要があります。端末かシステムトレイからfcitx5-configtoolを実行して入力メソッドの設定してください。

apt install --install-recommends fcitx5 fcitx5-chinese-addons

推奨パッケージは、必ずインストールしてください。ほとんどの人には必要です。(KDEユーザーの場合など)最小限のパッケージをインストールしたい場合は以下のコマンドを試してみてください。

apt install --no-install-recommends fcitx5 fcitx5-chinese-addons fcitx5-frontend-gtk3 fcitx5-frontend-qt5 fcitx5-module-xorg kde-config-fcitx5 im-config

im-configは、入力メソッドに必要な環境を自動的に設定するためのパッケージです。

中国語(繁体字)ユーザー向け

fcitx5-chinese-addonsがインストールできます。これはテーブル方式の入力メソッドも提供します。また、注音符号が必要な場合はfcitx5-chewingもインストールします。

日本語ユーザー向け

fcitx5fcitx5-mozcをインストールしてください。このパッケージのほかに、Gnomeユーザーはgnome-shell-extension-kimpanel、KDEユーザーはkde-config-fcitx5もインストールしてください。 デフォルトでインストールされるuimuim-mozcはトラブルを避けるためアンインストールします。

その後、一度、ログアウトしてログインし直すとfcitxが利用できるので、端末かシステムトレイからfcitx5-configtoolを実行してfcitx5とmozcの設定してください。

apt install --install-recommends fcitx5 fcitx5-mozc
apt remove uim uim-mozc

韓国語ユーザー向け

fcitx5fcitx5-hangulをインストールします。その後、一度、ログアウトしてログインし直すとfcitxが利用できるので、端末かシステムトレイからfcitx5-configtoolを実行して入力メソッドの設定してください。

apt install --install-recommends fcitx5 fcitx5-hangul

その他の言語

パッケージ

言語

fcitx5-rime

中国語

fcitx5-libthai

タイ語

GNOME

Gnomeユーザーは、gnome-shell-extension-kimpanelもインストールしてください。

Fcitx5は、Waylandでも動作するのでXorgに切り替える必要はありません。

Gnomeは、iBusをインストールしますがim-configで入力メソッドを切り替えられます。(訳注: 切り替えられますが、使わないならibusを削除しておいたほうが安全です。)

KDE

KDEユーザーは、kde-config-fcitx5もインストールしてください。そして、既知の問題も確認してください。

テーマ

組み込みのテーマ以外に、fcitx5-material-colorというテーマもあります。上流にスクリーンショットがあります。

テーマの設定は、Fcitx 5 Configuration -> Configure addons -> Classic User Interface -> Theme からできます。

fcitx4からの移行

fcitx5-config-qtをインストールして、デスクトップメニューから「Fcitx 5 Migration Wizard」を開きます。fcitx4からピンインとテーブルデータを移行する場合は、libime-bin も必要です。

既知の問題

  1. KDE BreezeとPapirusのfcitxアイコンが適用されません。 976603

  2. 一部のQtを使ったプロプライエタリソフトウェアでは入力できません。
    原因は、これらのソフトウェアに組み込まれているQtライブラリが古いfcitx4モジュールのみ含まれ、fcitx5モジュールが含まれていないからです。fcitx5は古いfcitx4モジュールをサポートしています。しかし、これらのプロプライエタリソフトウェアで扱うには環境変数QT_IM_MODULEfcitxに設定する必要があります。im-configはfcitx5と設定しています。 977203
    これを解決するにはソフトウェアの実行前にexport QT_IM_MODULE=fcitxを実行して事前に変更しておきます。(訳注: 一時的に変更する場合はターミナルからQT_IM_MODULE=fcitx <実行するアプリ>で実行しても切り替えられます。)

参照


CategoryKeyboard