Translation(s): English - Français - Italiano - 日本語 (Nihongo)

(!) ?Discussion


注意: このページはエンドユーザ向けの Debian Bluetooth 情報が書かれています。開発者向けの情報は Bluetooth ページを参照してください。

Debian システムで Bluetooth を使用する

イントロダクション

すでにコンピュータには Bluetooth アダプタが接続されていて、携帯電話や PDA などの Bluetooth デバイスがあるものとします。この文書では、Bluetooth を使用して他の Bluetooth デバイスと通信する方法について記述します。

Bluetooth が提供するサービスを使えるようにするためには、以下に書かれたステップが必要です。一度 Bluetooth をセットアップすれば、次のようなことができるようになります。

詳細は、ページの下にあるリンクを見てください。

準備

Bluetooth のサポート (パッケージ bluetooth) をインストールします。

aptitude install bluetooth

詳しい説明は、/usr/share/doc/bluez-utils/README.Debian.gz を読んでください。ただし、testing/unstable では、bluez-utils ではなく bluez です。

Bluetoothデーモンが起動していることを確認します。

# /etc/init.d/bluetooth status
bluetooth is running

もし起動していなければ、次のようにして起動します。

# /etc/init.d/bluetooth start

ペアリング

セキュリティ上の理由から、すべての Bluetooth デバイスは、お互いに「紹介」されている場合にのみ、会話することができます (これは現実の場合と少し似ていますね:-))。 これをペアリングと呼びます。

通常、ペアリングが必要なのは初めて接続するときだけです。2回目以降は、デバイスがお互いを記憶しているので、PINの交換は必要ありません。ただし、一部のデバイスでは設定が必要かもしれません。

デバイスのペアリングを行うためには、passkey-agent を実行する必要があります。次のような選択肢があります。

GUI ツールを使うペアリング

aptitude install gnome-bluetooth

aptitude install bluedevil

kbluetooth はもう使われなくなっています。現在は bluedevil がよく使われます。

aptitude install blueman

X Window を再起動します。それにより、次のステップで、ペアリングのポップアップが正しく表示されるようになります。

Bluetooth デバイスでペアリングができるようになりました。 デバイス上で、「セットアップ」、「接続」、「Bluetooth」のようなメニューを選択し、Bluetooth デバイスを検索します。 debian-0 のような Debian システムが表示されるはずです。 デバイス上で、Debian システムを選択します。 すると、デバイスがPINを尋ねてくるので、PINを入力します(4桁の数字で2309など)。

コンピュータに、PIN を入力するよう求める、次のようなポップアップが表示されます。 Pairing request from Phone (xx:xx:xx:xx:xx:xx) ここで、Phone は携帯電話の名前、 xx:xx:xx:xx:xx:xx は MAC アドレスです。

ポップアップをクリックします。

別のウィンドウがポップアップします。 PIN の入力を求められたら、先ほどのPIN (たとえば、2309) を入力し、[Enter] を押します。

携帯電話に、PIN が一致したことが表示されます。

これで、二つのデバイスはペアリングされました。

bluetooth-agent を使うペアリング

Gnome や KDE を使いたくないか、または使えない場合は、bluetooth-agent を使ってペアリングを行うこともできます。bluetooth-agent は、bluez パッケージの一部です。Debian testing または unstable を使っていれば、すでにインストールされているはずです。

任意の PIN (たとえば、4835) をつけて、root で bluetooth-agent を実行するだけです。

# bluetooth-agent 4835

そして、上に書いたのと同じように、ペアリングするデバイス上で「セットアップ」、「接続」、「Bluetooth」などのメニューを選択し、Bluetooth デバイスを検索します。見つかったコンピュータを選択すると、デバイスは PIN を入力するように要求するはずです。bluetooth-agent に入力した PIN を入力すれば、ペアリングは完了です。

注意: 携帯電話側からペアリング処理を始めるのではなく、コンピュータ側から始めることもできます。その場合は、まず、上で説明した bluetooth-agent コマンドを実行します。そして、携帯電話へ接続するために、次のコマンドを実行します。

rfcomm connect hci0 <phone address>

ここで、<phone address> は携帯電話の bluetooth アドレスです。これは、hcitool scan を実行すると表示されます。ただし、このコマンドが使えるのは、携帯電話が発見可能な場合だけですが、コンピュータが発見可能である必要はありません。

ペアリングのトラブルシューティング

以上の方法でペアリングを実行するためには、コンピュータの Bluetooth インターフェイスが発見可能でなければなりません。しかし、blutooth ドングルが hidden モードで開始されることがあります。 (bug report here)

この問題を解決するには、次のコマンドを実行します。

# dbus-send --system --dest=org.bluez /org/bluez/hci0 org.bluez.Adapter.SetMode string:discoverable

または、hciconfig を使います。

# hciconfig hci0 piscan

すると、hciconfig は、bluetooth が発見可能な (つまり、スキャンできる) ことを表す、ISCAN PSCAN というフラグを表示するはずです。ペアリングの実行後は、次のコマンドを実行して、もう一度コンピュータを hidden モードにするのが良いでしょう。

# dbus-send --system --dest=org.bluez /org/bluez/hci0 org.bluez.Adapter.SetMode string:off

または、hciconfig コマンドを使用します。

# hciconfig hci0 noscan

一般的な tips

役に立つコマンド

Bluetooth デバイスを表示する。このコマンドにより、デバイスが正しくインストールされたかどうかを確認することができます)

hcitool dev

リモートの Bluetooth デバイスを検索する

hcitool scan

Bluetooth サービスを再起動する

sudo /etc/init.d/bluetooth restart

デバイスに強制的に接続する

sudo hidd --connect <BT_Address>

役に立つ設定ファイル

/etc/default/bluetooth - HID bluez のデフォルトの設定 - マウスとキーボードを有効にする

HID2HCI_ENABLED=1

/etc/bluetooth/hcid.conf - HCI bluez の設定 - スタティックなデバイスの情報を設定する

device 00:1E:52:FB:68:55 {
    name "Apple Wireless Keyboard";
    auth enable;
    encrypt enable;}

KDE の問題

PIN をユーザーレベルで実装しなければならないため、/etc/bluetooth/hcid.conf を変更する必要があります。

設定ファイルを開き、次の行をコメントアウトします。

passkey "2309";

そして、そのすぐ下に、次の行を加えます。(kdebluetooth には、kbluepin プラグラムが含まれています。)

# passkey "2309";
pin_helper /usr/bin/bluez-pin;

さらに、/etc/bluetooth/link_key というファイルが存在する必要があります。

# touch /etc/bluetooth/link_key
# chmod 644 /etc/bluetooth/link_key
# /etc/init.d/bluetooth restart

KDE では、kbluetoothd が実行されます。システムトレイの Bluetooth アイコンをクリックすると、Bluetooth:// URL が Konqueror にロードされます。デバイスの上でクリックし、適当な転送プロトコルを選択すれば、デバイスを見たり、簡単なファイル転送を行ったりすることができるはずです。

デバイスから PC をスキャンすれば、KDE にウィンドウが開き、PIN を入力するように求められるはずです。これで、PC にファイルを送信することができるようになります。KDE は、このファイルを処理するプログラムを起動してくれるはずです。

ubuntuforums

ヒューマンインタフェースデバイス (HID : Human Interface Device)

関連項目

外部リンク


CategoryHardware CategoryModem