Translation(s): none


Wheezy(amd64)でキャノンのプリンタCANON LBP5100を使用する

Wheezy(amd64)でプリンタCANON LBP5100を使用する

1。Ghostscriptモジュールの確認

端末を起動し、コマンドラインから

 $ gs -h | grep opvp

を実行、出力があったらOK。下記は出力例。

   oki4w okiibm omni oprp opvp paintjet pam pamcmyk32 pamcmyk4 pbm
pbmraw

2。Multiarchの有効化と32bit基本ライブラリのインストール

まず、端末より

 # dpkg  --print-foreign-architectures

を実行し”i386”が表示されないのを確認。表示されなかったら

 # dpkg --add-architecture i386

を実行。次に

 # dpkg  --print-foreign-architectures

を実行すると

 i386

が表示されればOKです。 そうしたら

 # apt-get update

を実行するとamd64のほかにi386アーキテクチャの情報も取り込まれます。 次に

 # apt-get install ia32-libs-i386

を実行すると、i386アーキテクチャからlibpopt0を含めいろいろな基本ライブラリがインストールされます。

(注:このコマンドの実行終了後もなんらかの内部処理が行われているらしく、しばらくはPCの動作が重くなるかもしれません。)

3。CAPT Printer Driver for Linux Ver.2.60(64bit) をインストール

3ー1。CAPT Printer Driver for Linux (64bit) をCANONのページ(http://cweb.canon.jp/drv-upd/lasershot/linux/captlinuxx64.html)からダウンロードします。

3ー2。ダウンロードしたファイルを解凍します。

  $ cd ~/Downloads
  $ tar xvzf linux-capt-printerdriver64-260.tar.gz

3ー3。CUPSドライバ共通モジュールをインストールします。

$ cd linux-capt-printerdriver64-260/64-bit_Driver/Debian

$ ls

3ー4。CUPSドライバ共通モジュールのインストール

$ su

#

# dpkg -i cndrvcups-common_2.60-1_amd64.deb

3ー5。プリンタドライバモジュールをインストールします。

# dpkg -i cndrvcups-capt_2.60-1_amd64.deb

4。CUPSの再起動

# service cups restart

# /etc/init.d/cups restart

5。プリントスプーラにプリンタ(PPD)を登録します。

# /usr/sbin/lpadmin -p LBP5100 -m CNCUPSLBP5100CAPTJ.ppd -v ccp:localhost:59687 -E

6。ccpdデーモンの設定ファイルにプリンタを登録します。

#  /usr/sbin/ccpdadmin -p LBP5100 -o /dev/usb/lp0

CUPS_ConfigPath = /etc/cups/
LOG Path        = None
UI Port         = 59787

Entry Num  : Spooler   : Backend       : FIFO path             :
Device Path   : Status
---------------------------------------------------------# /etc/init.d/ccpd
stop
# /etc/init.d/cups stop
# /etc/init.d/cups start
# /etc/init.d/ccpd start
# cupsenable
# cupsaccept
# captstatusui -P LBP5100
-------------------
     [0]    : LBP5100   : ccp           :
localhost:59687       : /dev/usb/lp0 : New!!

7。ccpdデーモンを起動します。

# /etc/init.d/ccpd start

8。ccpdの自動起動の設定。

/etc/init.d/ccpdを、root権限で、先頭2行を次のように変更。

(変更前)      

#!/bin/sh
# startup script for Canon Printer Daemon for CUPS (ccpd)

(変更後)

#!/bin/sh
### BEGIN INIT INFO
# Provides:          ccpd
# Required-Start:    cups
# Required-Stop:
# Default-Start:     2 3 4 5
# Default-Stop:      0 1 6
# Short-Description: Canon Printer Daemon for CUPS (ccpd)
### END INIT INFO
</pre>

# update-rc.d ccpd defaults

9。geditなどで試しに印刷してみます。

うまくいけば、あとはCANONさんのマニュアルどおりに設定していけばよろしいかとおもいます。

10。補足

パッケージ: printer-driver-cjet (0.8.9-3)/printer driver for Canon LBP laser printers

というものを見つけた。amd64とi386両方にある。これはどうなのだろう?(2014/2/14)

参照

[debian-users:56951] Re: キャノンプリンターLBP5100を使用したい

[debian-users:56961] CanonPrinter LBP5100を動かしたい。【再質問】

CANON CAPTプリンタを Ubuntu 10.04/amd64 で使う - nabeの雑記帳