関西Debian勉強会のページ

第25回 関西 Debian 勉強会 in オープンソースカンファレンス2009 Kansai

Kansai Debian Meeting in Open Source Conference 2009 Kansai Information

ここにはオープンソースカンファレンス2009 Kansaiにて配布した配布物やその他補足情報を掲載しています。

Debian Live/Installer (lenny) DVD

配布したDebian Live/Installer (lenny) のハイブリッドDVDは DebianLive のlive-helperを用いて作成されました。

Live DVDとして使う

DVDを起動してメニューから Live を選択します。 うまく起動できない場合は、フレームバッファモードで起動するLive (Frame Buffer) や、 すべての起動オプションを無効にした Live (fail-safe fb mode)Live (fail-safe mode) を試してみてください。

起動オプションについて

通常は必要ありませんが、なんらかの事情により追加する場合は以下のようにします。

  1. オプションを追加したいメニューの上で [e] キーを押しエディットモードに入る。

  2. kernel行の上でもう一度 [e] キーを押し、行の末尾に追加します。

起動オプションの詳細については、DVDのlive/parameters.txtをご覧ください。

プロプライエタリドライバを有効にしてDebian Liveを起動する

今回、間に合わなかったこととあまりテストされていないのでメニューには追加していませんが、関西Debian勉強会配布DVD独自の起動オプションとして、インターネットからNVIDIAやATIのプロプライエタリドライバをダウンロード・インストールして起動するオプションが追加しています。

利用するにはdhcpでインターネットに接続できる環境が必要ですが、以下のオプションを追加して起動します。

 nvidia - NVIDIAのドライバを追加。
 fglrx - ATIのドライバを追加。

収録ソフトについて

Compiz Fusionを使う

起動後、タスクトレイの fusion-icon (水色の四角)のアイコンを右クリックしてコンテキストメニューを出します。

Select Window Manager >> Compiz

を選択します。

ビデオカードが3Dに対応していない場合はウィンドウが消えますが、その場合は同じようにコンテキストメニューから

Select Window Manager >> Metacity

を選択するとウィンドウは戻ります。

レスキューツールとして使う

レスキューツールとして以下のソフトがインストールされています。

この中でdaemonとして起動するものがありますが、起動時にはすべて止めています。 これらを起動するには、端末から起動してください。 (上級者向けの機能ですので、GUIから操作できるようにはしていません。)

起動例)

 # /etc/init.d/samba start

* ソフト一覧

partimage partimage-server
hfsprogs hfsutils hfsutils-tcltk hfsplus
testdisk
clamav clamtk
afio
grub syslinux mbr
ddrescue gddrescue
samba smbfs
blktool sdparm hdparm
rsync
fdclone
dmraid
mdadm
lvm2
fuse-utils fusesmb ntfs-3g sshfs
dosfstools ntfsprogs reiser4progs reiserfsprogs xfsprogs jfsutils
mtools
mtd-utils genext2fs curlftpfs loop-aes-utils squashfs-tools uuid-runtime

kvm/qemuを使う

このDVDでは、仮想化ソフトのkvmとqemuが使えるようになっています。 kvmは起動時に有効になっているので、仮想化支援が利用できるCPUをお使いであれば、すぐに使うことができます。

アプリケーション >> システムツール >> 仮想マシンマネージャー

CPUの仮想化支援がない場合は、qemuアクセラレータのkqemuが利用できるようにしていますので、こちらをご利用ください。

kqemuを有効にするにはRoot Terminalから以下のようにコマンドを入力して有効にします。

# /etc/ini.d/kvm stop
# modprobe kqemu

Debian Installerとして使う

/!\ このインストーラを利用してDebianをインストールするには、インターネット接続環境が必要です。ご注意ください。

/!\ Debian Live上からインストールすることはできません。ご了承ください。

インストーラーとして使うには、起動時のメニューから Install (GUI) を選択してください。 Debian GNU/Linux 5.0(Lenny)をHDDにインストールすることができます。 インストールの詳しい方法については以下を参照してください。

Debian JP Project - Debian GNU/Linux クイックインストール解説 (Etch/Lenny 編)

http://www.debian.or.jp/using/quick-etch/

Debian GNU/Linux 5.0 ITpro

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090326/327243/?ST=lin-os&P=1

よくある質問

ログイン画面に戻ってしまいました

10秒待ってください。10秒待つと自動的にログインします。

10秒待たずにログインしたい場合の、ユーザー名とパスワードは以下です。

ユーザー名: user
パスワード: live

root権限になるには、どうすればいいですか?

を使います。ほかには

が、あります。

Debian Live上で作業したデータを保存することはできますか?

はい。保存できます。

事前に書き込みができるUSBメモリなどを用意しておき、以下のようなラベル名をつけた、ext2/ext3のパーティションを用意します。

USBメモリにインストールできますか?

DVDメディアからUSBメモリにインストールするためのソフトは用意していませんが、UNetbootinを使うとGUIで作成できるようです。 筆者が実験したところ、ISOイメージを用意して、UNetbootinの「Disk Image」でISOイメージを選択して作成すると起動するものができました。

Virtualboxでフレームバッファモードで起動するとネットワークに接続できない

Virtualboxでフレームバッファモードで起動すると、ネットワークにつながらないことがあります。

ネットワークのアダプタの割り当てを、 NAT にしていると接続できないようなので、 Bridged Adapter に変更してみてください。

ダウンロード

ISOイメージは以下よりダウンロードできます。

カスタマイズ

live-helperを使ってカスタマイズすることができます。 カスタマイズするためには、10GBほどのHDDの領域が必要になります。

live-helperの設定ファイルはgithubを利用して管理しています。

この設定ファイルを利用して、DVDを作成するにはDebian上から

$ sudo aptitude install live-helper git-core
$ git clone git://github.com/nogajun/debian-study-live-cd.git
$ make gnome (make lxdeとすればLXDE版を作ることができます)

とすれば、ほぼ同じものが作成できます。

カスタマイズの方法については、このWikiの DebianLive のページを参照するか、lh_config コマンドのヘルプを参考してください。

メニューについて

起動時のメニューの説明です。