関西Debian勉強会のページ

第19回 関西 Debian 勉強会 in 関西オープンソース2008 のページ

Kansai Debian Meeting in Kansai Open Source 2008 Information

ここには関西オープンソース2008にて配布した配布物やその他補足情報などを掲載しています。

Debian Live DVD(lenny) / Debian Installer(lenny)

TeX資料作成ハンズオンバージョン (2008.11.7-8 KOF)

Debian Liveについて

配布したDebian Live/Installer (lenny) のハイブリッドDVDは DebianLive のlive-helperを用いて作成されました。

以前配布したDebian Liveとの違いは以前の内容に加え、東京エリア・関西Debian勉強会の資料作成、管理に必要なemacs, git, TeXの環境がほぼすべて入っています。

関西Debian勉強会では、このDebian Liveを使い、資料を作成、管理するためのハンズオンを予定しています。

ハンズオン参加のための準備方法については「資料作成ハンズオンの準備について」をご覧ください。

Live DVDとして使う

DVDを起動してメニューから Debian Live を選択します。

Debian Live(noswap/nopersistent) は、通常はスワップパーティションやDVDの差分保存パーティションを探して自動的マウントしますが、このメニューではそれらのパーティションは自動的にマウントしません。

その他、うまく起動できない場合は、Debian Live(fail-safe mode) を試してみてください。

起動オプションを追加するには?

通常は必要ありませんが、なんらかの事情により追加する場合は、起動オプションを追加したいメニューの上で 「e」 キーを押し、kernel行でもう一度 「e」 キーを押すと入力できるので起動オプションを追加します。 入力が終わったなら 「ESC」 キーで抜け、 「b」 キーでブートします。

Debian Liveの起動オプションはDVD内の parameters.txt 、Debian Installerの起動オプションは Debian インストールガイド を参照してください。

Debian Installerとして使う

/!\ このインストーラを利用してDebianをインストールするには、インターネット接続環境が必要です。ご注意ください。

インストーラーとして使うには、起動時のメニューから Debian Installer を選択してください。Debian GNU/Linux 5.0(Lenny)をHDDにインストールすることができます。

インストール方法については現安定版のEtchとほぼ同じ手順ですので下記のURIを参考にしてください。

Debian JP Project - Debian GNU/Linux クイックインストール解説 (Etch 編)

http://www.debian.or.jp/using/quick-etch/

資料作成ハンズオンについて

このDVDを使って行う資料作成ハンズオンですが、会場にはネットワーク環境もなく、時間も限られているので、参加する方は以下の準備をしておいてください。

  1. USBメモリにDVDの差分を保存できるようにする。
  2. apt-lineのnon-freeセクションを有効にし、poppler-data, gs-cjk-resource, xpdf-japaneseのパッケージをインストールする。
  3. debian勉強会の資料リポジトリからリポジトリを複製し、コンパイルできる事を確認する。

USBメモリにDVDの差分を保存する

Debian Liveは起動時にlive-rwとラベルのついたext2/ext3パーティションをみつけると自動的にマウントしDVDの差分を保存します。 ここではUSBメモリにDVDの差分を保存するための方法を説明します。

用意するもの:

DVDを起動しUSBメモリをセットする。

この時USBメモリが自動的にマウントされてしまうので、マウントされたデバイスアイコン上のコンテキストメニュー(マウス右クリックメニュー)から「アンマウント」を選んでアンマウントしておきます。

保存パーティションの作成

「live-rw」というラベル名でext3パーティションを作成します。 作成方法はGUIでもターミナル、どちらでも構いません。

gpartedからパーティション作成

GNOMEメニューの「システム」→「システム管理」→「?PartitionEditor」を選択し、gpartedを起動します。 右上のプルダウンメニューからUSBメモリのデバイスを選び、パーティションを適当なサイズにリサイズ(もしくは削除)し、空いた領域にext3パーティションを作成します。 この時、ラベル名を「live-rw」と名づけることを忘れないでください。

ターミナルからパーティション作成

GNOMEメニューの「アプリケーション」→「アクセサリ」→「Root Terminal」を選択し作業をします。 /dev/sdXnはUSBメモリのデバイスファイル名です(Xはアルファベット、nは番号)。自分の環境に合わせて適当に読み替えてください。

パーティションを確認する。

# fdisk -l

cfdisk(またはfdisk)でパーティションを作成します。

# cfdisk /dev/sdX

「live-rw」というラベル名でext3でフォーマットします。

# mkfs.ext3 -l live-rw /dev/sdXn

tune2fsでfsckをしないようにしておくのもいいかもしれません。

# tune2fs -i 0 -c 0 /dev/sdXn

もし後からラベル名をつけるときはtune2fsで変更します。

# tune2fs -L live-rw /dev/sdXn

再起動して確認する

USBメモリを差したままDVDから起動します。 起動してUSBメモリのパーティションが/live/cowディレクトリにマウントされていれば、差分保存ができます。

non-freeセクションのパッケージインストール

PDFを読むためにはpoppler-dataパッケージが必要ですが、ライセンスの都合上、DVDに納めることができませんでした。 以下Lennyリリースノートより引用。

中国語/日本語/韓国語を含む PDF ファイルの閲覧について
-------------------------------------------------------
今回のリリースより、evince を利用して中国語/日本語/韓国語を含む PDF ファイルを開く際、ほとんどの場合は対応する中国語/日本語/韓国語フォントだけではなく non-free コンポーネントに含まれる poppler-data も必要となります。この poppler-data に含まれる Adobe CMAP データを利用すると、それまで正常に表示ができなかった中国語/日本語/韓国語の文字表示が可能となります。

なお、残念ながら poppler-data パッケージは改変再配布が認められていない non-free コンポーネントのため、デフォルトの「デスクトップ環境」ではインストールされません。evince にて中国語/日本語/韓国語を含む PDF ファイルを正常に表示できないという場合は /etc/apt/sources.list 内、あるいは/etc/apt/sources.list.d ディレクトリ以下の apt line を編集して non-free コンポーネントを利用するように変更してからapt/aptitude のデータベースの update を実施し、poppler-dataパッケージをインストールしてください。

以前のリリースからのアップグレードを行った方への注意:evince では、今回のリリースから Adobe CMAP を参照するプログラムの実装が変わったため、正常な動作を行うには、さらにpoppler-data パッケージのインストールが必要となる点についてご注意願います。

poppler-data以外にも、資料作成ハンズオンにはgs-cjk-resourceとxpdf-japaneseも必要になりますが、それぞれAdobe CMAPに依存しているため同様にこのDVDには含まれていません。 これらのパッケージは自分でインストールする必要があります。

Synapticからインストール

Synapticを起動して「設定」→「リポジトリ」を開いて以下の個所にチェックを入れます。

「再読込」ボタンを押して、poppler-data, gs-cjk-resource,xpdf-japaneseパッケージをインストールします。

ターミナルからインストール

Root Terminalから

# sed -i 's#ftp.jp.debian.org/debian/ lenny main$#& contrib non-free#g' /etc/apt/sources.list
# aptitude update
# aptitude install poppler-data gs-cjk-resource xpdf-japanese

資料リポジトリの複製とコンパイルの確認

ホームディレクトリで以下のコマンドを実行します。 (東京エリアDebian勉強会2008年11月資料より抜粋)

$ git clone git://git.debian.org/git/tokyodebian/monthly-report.git
$ cd monthly-report
$ cp -p git-pre-commit.sh .git/hooks/pre-commit
$ make -j4
$ ls *.pdf # 110くらいのPDFファイルが生成されていることを確認

コンパイル作業はマシンにもよりますが、非力なマシンではかなり時間がかかります。

その他の設定

LiveCDに入れ忘れた細かなTeX周りの設定です。

evinceの設定

evinceでプレビューするとゴシックも明朝もすべてVLゴシックで表示されてしまうので、さざなみゴシックとさざなみ明朝に割り当てます。

割り当て方法は、~/.fonts.confに以下の内容で設定します。

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
<match target="pattern">
  <test qual="any" name="family">
    <string>Ryumin</string>
  </test>
  <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
    <string>Sazanami Mincho</string>
  </edit>
</match>
<match target="pattern">
  <test qual="any" name="family">
    <string>Gothic-BBB</string>
  </test>
  <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
    <string>Sazanami Gothic</string>
  </edit>
</match>
</fontconfig>

* 参考: lenny で TeX 環境.

whizzytexの設定

whizzytexはemacs上で編集しているTeX文書をリアルタイムでプレビューすることができます。

ホームディレクトリに~/.whizzy/whizzy.shという名前で以下の内容のファイルを作ります。

INITEX="platex -ini"
FORMAT=platex
LATEX=platex
BIBTEX=jbibtex
FMT=fmt

使い方はemacs上で M-x whizzytex-mode とします。

以上で資料作成ハンズオンのための環境が整いました。

Debian Liveのよくある質問

Debian Liveをシャットダウンすると途中で止まります
シャットダウン中にスプラッシュ画面のプログレスバーが止まりますが、正常にシャットダウン作業がおこなわれています。DVDが排出されたらエンターキーを2回押してください。(1回目でコンソール画面になり、2回目でシャットダウンされます。)
Debian Live上で作業したデータを保存することはできますか?
できます。資料作成ハンズオン準備を参照してください。
Debian Live上からDebian Installerを起動してHDDにインストールすることはできますか?

残念ながらできません。(debootstrap を使ってすべて手作業で頑張るという手段はあります :o )

ネットワークがつながりません

dhcp環境下では自動的にIPを取得しますが、まれに取得に失敗することがあります。その時は右上のNetworkManagerアイコンをクリックして 有線ネットワーク を選ぶと取得できます。固定IP環境下の場合はツールバーのメニューから、 システムシステム管理ネットワーク から手動で設定してください。無線LANについてはドライバが対応していれば NetworkManager から接続できます。

VirtualPCで起動しません

既知のバグです。(bug#463606) VirtualPC以外 (VirtualBoxQEMUなど)の仮想化ソフトをご利用ください。

Debian Liveのダウンロード

以下のサイトにて配布DVDイメージファイルを配布しています。

Debian Liveのカスタマイズ

live-helperの設定ファイルはgithubを利用して管理しています。

資料作成ハンズオン準備の「USBメモリにDVDの差分を保存する。」を参考にUSB HDD上に差分保存パーティションを用意することにより、LiveDVD上でカスタマイズすることができます。 カスタマイズには10GBほど容量が必要になります

同じものをビルドするには、以下のコマンドでビルドすることができます。

$ git clone git://github.com/nogajun/debian-study-live-cd.git
$ cd debian-study-live-cd
$ make

live-helperの設定を変更する事により、さまざまなカスタマイズすることが可能ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

カスタマイズの方法については、このWikiの DebianLive のページを参照するか、lh_config コマンドのヘルプを参考してください。

DebianLive - Debian Wiki

http://wiki.debian.org/DebianLive

Debian Live Manual

http://alioth.debian.org/~lamby-guest/live-manual/html/

nogajun's debian-study-live-cd at master ― GitHub

http://github.com/nogajun/debian-study-live-cd/