Differences between revisions 46 and 47
Revision 46 as of 2008-11-28 13:04:03
Size: 9412
Editor: HidekiYamane
Comment:
Revision 47 as of 2009-03-16 03:36:43
Size: 9581
Editor: anonymous
Comment: converted to 1.6 markup
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 6: Line 6:
[:KansaiDebianMeeting: 関西Debian勉強会] [[KansaiDebianMeeting| 関西Debian勉強会]]
Line 10: Line 10:
配布DVDなどについては、[:KansaiDebianMeetingKOF2008:]をご覧ください。 配布DVDなどについては、[[KansaiDebianMeetingKOF2008]]をご覧ください。
Line 12: Line 12:
 * [http://groups.google.co.jp/group/study-kansai 関西合同勉強会]でのPRスライド -- のがたじゅん
  * attachment:20081108-KGB-Kansai_debian_PR.odp (OOo 3.0 Impress用)
 * 関西合同勉強会でのPRスライドテンプレート(2007年のものとほぼ同じですが[http://mplus-fonts.sourceforge.jp/mplus-outline-fonts/index.html M+Font]用に若干調整しています。)
  * attachment:20081108-KGB-Kansai_debian_PR.otp
 * その他発表資料(「あなた」とオープンソース/フリーソフトウェア、そして「Debian」(ver. k-of2008)、2008/09 リリース予定 Debian 5.0 "Lenny" について)は[http://wiki.debian.org/HidekiYamane 発表者のページ]を参考にしてください。
 * [[http://groups.google.co.jp/group/study-kansai|関西合同勉強会]]でのPRスライド -- のがたじゅん
  * [[attachment:20081108-KGB-Kansai_debian_PR.odp]] (OOo 3.0 Impress用)
 * 関西合同勉強会でのPRスライドテンプレート(2007年のものとほぼ同じですが[[http://mplus-fonts.sourceforge.jp/mplus-outline-fonts/index.html|M+Font]]用に若干調整しています。)
  * [[attachment:20081108-KGB-Kansai_debian_PR.otp]]
 * その他発表資料(「あなた」とオープンソース/フリーソフトウェア、そして「Debian」(ver. k-of2008)、2008/09 リリース予定 Debian 5.0 "Lenny" について)は[[http://wiki.debian.org/HidekiYamane|発表者のページ]]を参考にしてください。
Line 21: Line 21:
  * attachment:debian-kansai-200809-tats.pdf
  * attachment:debian-kansai-200809-tats.odp
  * attachment:debian-kansai-200809-tats.txt
  * [[attachment:debian-kansai-200809-tats.pdf]]
  * [[attachment:debian-kansai-200809-tats.odp]]
  * [[attachment:debian-kansai-200809-tats.txt]]
Line 27: Line 27:
 * attachment:debianmeetingresume200808-kansai.pdf  * [[attachment:debianmeetingresume200808-kansai.pdf]]
Line 32: Line 32:
  * attachment:debian-kansai-200805-tats.txt   * [[attachment:debian-kansai-200805-tats.txt]]
Line 39: Line 39:
 * attachment:debianmeetingresume200803-kansai.pdf  * [[attachment:debianmeetingresume200803-kansai.pdf]]
Line 41: Line 41:
  * attachment:debian-kansai-200803-tats.txt
 * [http://shed.sakura.ne.jp/s5/FirstStepGnuPG.html GnuPG最初の一歩] -- 倉敷悟
  * [[attachment:debian-kansai-200803-tats.txt]]
 * [[http://shed.sakura.ne.jp/s5/FirstStepGnuPG.html|GnuPG最初の一歩]] -- 倉敷悟
Line 46: Line 46:
 * attachment:debianmeetingresume200802-kansai.pdf  * [[attachment:debianmeetingresume200802-kansai.pdf]]
Line 50: Line 50:
  * attachment:20071110-KOF2007-KansaiDebianMeeting-synaptic_howto.odp   * [[attachment:20071110-KOF2007-KansaiDebianMeeting-synaptic_howto.odp]]
Line 52: Line 52:
  * attachment:20071110-KOF2007-KansaiDebianMeeting-impress_debian_template.otp   * [[attachment:20071110-KOF2007-KansaiDebianMeeting-impress_debian_template.otp]]
Line 57: Line 57:
  * attachment:KansaiDebianMeeting0710.odp   * [[attachment:KansaiDebianMeeting0710.odp]]
Line 59: Line 59:
  * attachment:kansai_debian_study_20071007.odp   * [[attachment:kansai_debian_study_20071007.odp]]
Line 65: Line 65:
  * attachment:KansaiDebianMeeting200709-ohura.pdf PDF ファイル
  * attachment:KansaiDebianMeeting200709-ohura.tar.gz TeX のソース
  * [[attachment:KansaiDebianMeeting200709-ohura.pdf]] PDF ファイル
  * [[attachment:KansaiDebianMeeting200709-ohura.tar.gz]] TeX のソース
Line 68: Line 68:
 * [http://shed.sakura.ne.jp/s5/InvitationForDebTrans.html Debian で翻訳をはじめてみよう] -- 倉敷 悟  * [[http://shed.sakura.ne.jp/s5/InvitationForDebTrans.html|Debian で翻訳をはじめてみよう]] -- 倉敷 悟
Line 77: Line 77:
    * プレゼン資料は、attachment:20070812patch_basics.odp (!OpenOffice 2.0 Impress 形式) および attachment:20070812patch_basics.pdf (pdf形式)です。     * プレゼン資料は、[[attachment:20070812patch_basics.odp]] (!OpenOffice 2.0 Impress 形式) および [[attachment:20070812patch_basics.pdf]] (pdf形式)です。
Line 81: Line 81:
  * attachment:KansaiDebianMeeting200708-ohura.pdf PDF ファイル
  * attachment:KansaiDebianMeeting200708-ohura.tar.gz TeX のソース
  * [[attachment:KansaiDebianMeeting200708-ohura.pdf]] PDF ファイル
  * [[attachment:KansaiDebianMeeting200708-ohura.tar.gz]] TeX のソース
Line 87: Line 87:
    * attachment:kansaidebian200707-presentation-takaya.pdf     * [[attachment:kansaidebian200707-presentation-takaya.pdf]]
Line 89: Line 89:
    * attachment:20070721osc2007kansai-debianjp-presentation.pdf     * [[attachment:20070721osc2007kansai-debianjp-presentation.pdf]]
Line 95: Line 95:
    * attachment:20070602kansaidebin3iptables_dist.odp     * [[attachment:20070602kansaidebin3iptables_dist.odp]]
Line 99: Line 99:
    * attachment:KansaiDebianMeeting200706-nakamoto.odp
    * [http://www.debian.org/social_contract.ja.html Debian社会契約(復習教材)]
    * [[attachment:KansaiDebianMeeting200706-nakamoto.odp]]
    * [[http://www.debian.org/social_contract.ja.html|Debian社会契約(復習教材)]]
Line 104: Line 104:
  * attachment:KansaiDebianMeeting200706-ohura.pdf PDF ファイル
  * attachment:KansaiDebianMeeting200706-ohura.tar.gz TeX のソース
  * [[attachment:KansaiDebianMeeting200706-ohura.pdf]] PDF ファイル
  * [[attachment:KansaiDebianMeeting200706-ohura.tar.gz]] TeX のソース
Line 109: Line 109:
    * attachment:kansaidebianresume200706.pdf     * [[attachment:kansaidebianresume200706.pdf]]
Line 113: Line 113:
   * [http://opentechpress.jp/developer/article.pl?sid=07/03/16/0110250 フリーソフトウェア業界にバグレポートで貢献するための秘訣]
   * [http://www.debian.org/Bugs/Reporting Debian にバグを報告する方法]
   * [http://www.debian.org/Bugs/Developer バグ処理システムに関する開発者情報]
   * [http://www.debian.org/Bugs/server-control バグ制御とメールサーバの操作]
   * [http://www.debian.org/Bugs/server-refcard メールサーバ・リファレンスカード]
   * [http://www.debian.org/devel/wnpp/ 作業が望まれるパッケージ(WNPP)]
   * [[http://opentechpress.jp/developer/article.pl?sid=07/03/16/0110250|フリーソフトウェア業界にバグレポートで貢献するための秘訣]]
   * [[http://www.debian.org/Bugs/Reporting|Debian にバグを報告する方法]]
   * [[http://www.debian.org/Bugs/Developer|バグ処理システムに関する開発者情報]]
   * [[http://www.debian.org/Bugs/server-control|バグ制御とメールサーバの操作]]
   * [[http://www.debian.org/Bugs/server-refcard|メールサーバ・リファレンスカード]]
   * [[http://www.debian.org/devel/wnpp/|作業が望まれるパッケージ(WNPP)]]
Line 129: Line 129:
  * attachment:debianmeetingresume200704.pdf   * [[attachment:debianmeetingresume200704.pdf]]
Line 133: Line 133:
  * attachment:kansaidebian20070421-nogata.pdf   * [[attachment:kansaidebian20070421-nogata.pdf]]
Line 137: Line 137:
  * attachment:KansaiDebianMeeting200704-ohura.tar.gz TeXのソース、pdf、copyingの入ったセット
  * attachment:KansaiDebianMeeting200704-ohura.tex TeXのソースのみ
  * attachment:KansaiDebianMeeting200704-ohura.pdf pdf資料
  * [[attachment:KansaiDebianMeeting200704-ohura.tar.gz]] TeXのソース、pdf、copyingの入ったセット
  * [[attachment:KansaiDebianMeeting200704-ohura.tex]] TeXのソースのみ
  * [[attachment:KansaiDebianMeeting200704-ohura.pdf]] pdf資料
Line 143: Line 143:
  * attachment:20070421timetracker.pdf
  * attachment:20070421timetracker.odt
  * [[attachment:20070421timetracker.pdf]]
  * [[attachment:20070421timetracker.odt]]
Line 147: Line 147:
 * attachment:20070331-KansaiDebianMeeting.odp
 * attachment:20070331-yc-el.odp
 * [[attachment:20070331-KansaiDebianMeeting.odp]]
 * [[attachment:20070331-yc-el.odp]]

KansaiDebianMeetingArchives is archives for papers.

このページに置いてある資料は、GPLです。各資料でGPLのライセンス宣言が なされているか確認してから、資料の再利用などしてください。

関西Debian勉強会

第19回関西Debian勉強会@関西オープンソース2008

配布DVDなどについては、KansaiDebianMeetingKOF2008をご覧ください。

第17回 関西 Debian 勉強会資料

第16回 関西 Debian 勉強会資料

第13回 関西 Debian 勉強会資料

第11回 関西 Debian 勉強会資料

第10回 関西 Debian 勉強会資料

第8回 関西 Debian 勉強会 in 関西オープンフォーラム資料

第7回 関西 Debian 勉強会資料

第6回 関西 Debian 勉強会資料

第5回 関西 Debian 勉強会資料

第4回 関西 Debian 勉強会資料

第3回 関西 Debian 勉強会資料

第2回 関西 Debian 勉強会資料

  • 発表順
  • たかや氏の資料
    • タイトル:Say goodbye to Microsoft. Now
    • アブストラクト:Windowsパソコンから http://www.goodbye-microsoft.com/ にアクセスしてDebianをインストールする実例を見せる。

    • タイトル:LaptopでDebian
    • アブストラクト:Debian GNU/Linuxを使って、ラップトップコンピュータ(ノート型コンピュータ)を使う上でのTIPSをまとめてあります。
    • debianmeetingresume200704.pdf

  • のがた氏の資料
    • タイトル:Debian GNU/Linuxを使って、You Tube/Google Videoにアップロードして楽しむお話
    • アブストラクト:動画の生成、編集、エンコード、そしてそれを公開して扱うまでのお話
    • kansaidebian20070421-nogata.pdf

  • 大浦氏の資料
  • 矢吹の資料
    • タイトル:「プロジェクトトラッカーの話」
    • アブストラクト:下記の印刷資料では、Debian GNU/Linux Etchで使えるプロジェクトトラッカーの列挙をしている。実際に勉強会のなかでは、なぜプロジェクトトラッカーを使うのか。個々人が納得してプロジェクトトラッカーを使ってもらえるよう発表資料をまとめた。
    • 20070421timetracker.pdf

    • 20070421timetracker.odt

第1回 関西 Debian 勉強会資料