Differences between revisions 2 and 3
Revision 2 as of 2013-01-19 02:56:35
Size: 2968
Editor: ?TetsutaroKawada
Comment:
Revision 3 as of 2013-01-19 03:23:52
Size: 3198
Editor: ?TetsutaroKawada
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 35: Line 35:
  * 便利なコマンドラインからの操作
  * すぐに試せる Drupal on Debian VM のアプライアンス
  * 用途別 Drupal ディストリビューション
  * Debian パッケージをつかわない理由

関西Debian勉強会のページ

第 68 回 関西 Debian 勉強会

関西Debian勉強会は、関西エリアでDebian GNU/Linuxのさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian特有の機能や仕組み、Debian 界隈で起こった 出来事などなど) について話し合う勉強会です。 参加される方の中には、開発の最前線にいるDebianの公式開発者や開発者予備軍の方もいるので、普段聞けないような様々な情報を得るチャンスです。
お時間が合えば、ぜひ御参加下さい。
(勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)

  • 日時: 2013 年 1 月 27 日 (日) 13:30 - 17:00
  • 会場: 国際奈良学セミナーハウス 研修施設

  • 定員: 30 名
  • 費用: 部屋代、印刷代などの諸費用を割り勘のため、500円徴収します。
  • 締切り: 2013 年 1 月 25 日(金) 23:59 までに下記の参加方法で申し込みを行ってください。

事前課題

  1. 2015年ではDebianはどうなっているかを大胆に予想してください。
  2. これまでDebianでどんなCMSやWebアプリフレームワークを使ったことがありますか?
  3. 本来、Debianではパッケージが提供されているならば、それを使うのが望ましいですが、あえてDebianのパッケージを使わなかった事はありますか?
  4. 以下のVMを動かしてみてください。(Drupalコアと重要モジュールが入った状態になっています)

内容

  • Intro
  • Using Drupal on Debian (担当:紀野)
    • 便利なコマンドラインからの操作
    • すぐに試せる Drupal on Debian VM のアプライアンス
    • 用途別 Drupal ディストリビューション
    • Debian パッケージをつかわない理由
  • 月刊 Debian Policy 「オペレーティングシステム」(担当:のがた)

資料

ライセンス

  • 提出いただいた資料、事前課題の回答は編集の上配布資料に掲載いたします。
    また、内容の再利用を実施することを了承ください。
    Debian 勉強会資料は GPL(GPLv2 or Later) で公開します。

参加方法

登録にはGoogleアカウントが必要になります。事情によりGoogleアカウントを使えない/登録できない方は担当者まで連絡してください。

懇親会

  • 雷門

連絡先

  • 担当者 かわだてつたろう Email: <t3rkwd AT SPAMFREE debian DOT or DOT jp>