im-config_0.39~~test1-0.1 test result

* Busterデフォルトデスクトップへのim-config対応について

date

desktop environment

desktop manager

window system

input method

im-toolbar

japanese input

2019/03/14

xfce4

lightdm

X.Org

uim

n/a

ok

2019/03/14

xfce4

n/a

X.Org

uim

n/a

ok

2019/03/23

gnome3

gdm3

Wayland

uim

uim-toolbar-gtk3

ok

2019/03/23

gnome3

n/a

Wayland

uim

uim-toolbar-gtk3

ok

2019/03/23

kde5

sddm

X.Org

uim

uim-toolbar-qt5

ok

2019/03/23

kde5

n/a

X.Org

uim

uim-toolbar-qt5

ok

青木コメント;(im-config maintainer) im-config(0.39-1) Gnome+Waylandのuim動作ですが、ibus関係がインストールされているとuimがアイコンだけで動かなかったり、競合して変な事が起こります。 スリープからの立ち上がりも、uimが死んでアイコンがなくなり変でした。 起動が遅いとかなり苦情があります。

im-config(0.40-1や0.41-1)は(/etc/default/im-configを編集し、WAYLANDをサポートするようにしないと、uim等をサポートしません。 このデフォルトでWAYLANDをサポートしない設定は、起動が遅くなるのと、上記のibusとの干渉問題があるからです。 Gnome-sessionはibus関連インストールさえしたら、im-configが無効やインストールして無くとも動きます。

上記の、xfce4の問題は、何か設定やインストールファイルの抜けじゃないのかな?

KDE5ですが、ユーザーのシェルにZSH利用時の問題が無いのかの確認がポイントです。