寄付の免税について: 日本では、寄付を損金参入する対象となるには、NPOとして登記するだけではダ メで認定をうけている認定特定非営利法人(なるための条件が不明確で厳しいら しい)でないとダメ。なので、実際にはNPOになっても寄付する側にはあまりメ リットがなかった。

法人化のデメリット: 現在会則があったり会長を選挙制度にしてみたり、準備はしていますが、法人 となるにはしていません。現在の状態のことは「任意団体」というのかな。法 人となると法人税が発生して、毎年法人税均等割り7万円と収益に比例した税額 を支払うことになります。安定した収益を出せない法人だと維持できない体制 です。

事務手続きに関して数十万円程度の出費が司法書士の方に対して必要になるかな。

# ・役員名簿(前事業年度において役員であったことがある者全員の住所、氏名、報酬の有無を記載したもの) # ・社員名簿(前事業年度において社員であった者で10人以上の者の住所又は居所を記載したもの)

税会計について: Debian JP の現在の会計は会計をしている人の雑所得の枠の 範囲として処理する?感じになっているのかな、ここはグレーです、多分。現在 は法人として登記しておらず、また、法人税は支払っていません。サラリーマ ンの雑所得は非課税枠があるのでその範囲だろうということで終わっていたよ うな気もする。

まぁ、実現するならそれを公約として一年前からその準備をしていないと厳し い、ということですな。いまからやるなら、次の理事メンバーが法人化を目指 すという公約で選挙、2010年4月からの法人化を目指して手続きをする、感じか な。